トラブルを防ぐ|パキラの育て方を覚えて緑のある生活を楽しもう

トラブルを防ぐ

観葉植物

好ましい置き場

パキラの育て方で大切になるのが、置き場所です。室内なら、日当たりの良い部屋に置くようにします。ただ、直射日光は避けるようにしましょう。部屋の明るさの基準としては、日中に電気を消しても十分な明るさが確保できる部屋です。また、午前中に日光が当たるようにすると良いでしょう。

寒さに注意

基本的に生命力の強い観葉植物なので、ある程度の寒さなら問題なく育てることができるでしょう。ですが、耐えられる寒さにも限界があります。パキラの場合は、5℃を下回ると枯れてしまうでしょう。ベランダなどの室外で育てている場合は、外気温が5℃以下になってら室内に移すようにします。

水の量

水の量にも気を配ると、より元気に育てることができるでしょう。基本的に水やりをする時は、水を一気に流し入れます。土の中の空気を入れ替える効果もあるのです。また、受け皿に溜まった水はすぐに捨てるようにします。水が溜まったままだと、根っこが腐ってしまう事があるのです。

害虫を予防

霧吹きなどで、葉に適量の水を引きかけましょう。葉水という作業で、葉の乾燥を防ぐことができます。これは、病気や害虫を防ぐ効果があるのです。特に、ハダニが発生することがあるので、適度に葉水を行なうようにします。葉が少し乾燥してきたら、葉の表面に軽く水滴が付く程度の水を吹きかけましょう。

広告募集中