トラブルを防ぐ

観葉植物

好ましい置き場

パキラの育て方で大切になるのが、置き場所です。室内なら、日当たりの良い部屋に置くようにします。ただ、直射日光は避けるようにしましょう。部屋の明るさの基準としては、日中に電気を消しても十分な明るさが確保できる部屋です。また、午前中に日光が当たるようにすると良いでしょう。

寒さに注意

基本的に生命力の強い観葉植物なので、ある程度の寒さなら問題なく育てることができるでしょう。ですが、耐えられる寒さにも限界があります。パキラの場合は、5℃を下回ると枯れてしまうでしょう。ベランダなどの室外で育てている場合は、外気温が5℃以下になってら室内に移すようにします。

水の量

水の量にも気を配ると、より元気に育てることができるでしょう。基本的に水やりをする時は、水を一気に流し入れます。土の中の空気を入れ替える効果もあるのです。また、受け皿に溜まった水はすぐに捨てるようにします。水が溜まったままだと、根っこが腐ってしまう事があるのです。

害虫を予防

霧吹きなどで、葉に適量の水を引きかけましょう。葉水という作業で、葉の乾燥を防ぐことができます。これは、病気や害虫を防ぐ効果があるのです。特に、ハダニが発生することがあるので、適度に葉水を行なうようにします。葉が少し乾燥してきたら、葉の表面に軽く水滴が付く程度の水を吹きかけましょう。

パキラと一緒に育てたい!初心者におすすめの観葉植物

ドラセナ・マッサンゲアナ

新築祝いや開店祝いなど、祝い事のプレゼントとして送られることの多い観葉植物です。幸福の木とも呼ばれており、幸福を呼び込んでくれると考えられているのです。育て方も簡単で、多少日当たりの悪い場所でも立派に育ちます。初心者にとって扱いやすい観葉植物と言えるでしょう。

サンスベリア

トラ模様のような、個性的な模様が特徴の観葉植物です。虎の尾と呼ばれることもあります。魔除け効果があるといわれ、玄関やベランダなどに置くのがポピュラーです。基本的に乾燥に強く、あまり植物の面倒を見る時間がない方にピッタリでしょう。縦に伸びた逞しい葉が力強い印象を与えてくれます。

モンステラ

エキゾチックな見た目が印象的で、不思議な雰囲気をまとっています。葉には深い切れ込みが入っており、より謎めいた印象を与えてくれるでしょう。特徴としては、観葉植物の中でも寒さに強いことです。寒い地域で観葉植物を育てたい方に向いています。まずは、小さいサイズのものから育ててみましょう。

ガジュマル

ボリューム感たっぷりの幹が特徴的な観葉植物です。幹の形はとても独特で、同じ姿のガジュマルは2つとないとまで言われています。とても個性的な観葉植物なので、所有感も十分でしょう。鉢を選べば洋室、和室問わず飾ることができる観葉植物です。オリジナリティーにこだわりたい方に人気があります。

テーブルヤシ

コンパクトな姿で、名前通りテーブルの上に置くことができるヤシです。窓際など、小さなスペースに置くこともできるでしょう。パキラと並んで人気が高い種類の観葉植物です。爽やかで、涼し気な雰囲気が味わえます。4月から9月が生育期で、水をたっぷりと与えるのがポイントです。

広告募集中